カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

トリップアドバイザー
エルサレム観光ホテル口コミ情報
リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未知の世界アフリカへ

2013.07.18 06:30|ケニア
カイロからアブダビを経由して



やっと…世界一周20カ国目ケニア入国!!



DSC_0060.jpg






いつも旅ノートを読んでいただきありがとうございます♡

にほんブログ村世界一周ランキングに参加中です♪

下のバナーをクリックしてもらうとポイントが入る仕組みになってます。

読んでくれたしるしにクリックしてもらえるとめちゃめちゃ嬉しいです!

ほんっとに!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


携帯の方はこちら→にほんブログ村









空港に着いたら、アライバルVISAを取ります。



ガイドブックの情報だと、7日間のトランジットVISA(20USD)があるって書いてあったんだけど、


空港では3か月のシングルVISA(50USD)か、3日間のトランジットVISA(20USD)って言われました。




…マルチについては聞き忘れた。。






アフリカって本当にVISA代が高い。





泣く泣く50USD払って入国。



空港でケニアシリングを手に入れたら

DSC_0078_20130715073835.jpg



そのまま宿へ向かいます。




宿はナイロビ郊外にあるジャングル・ジャンクション(JJ’s)


住所:Amboseli Rd. Livingston
Email:j-js@gmx.net
TEL:+254-0-722-752865







空港から宿まではタクシーで2000Ksh≒2300円。

(到着口を出て、左手にあるインフォメーションで手配しました。他のツアーデスク?みたいな所は3000Kshとか言われました。)



あとは、


・空港から市内にあるヒルトンまで行って、ヒルトン横のバス乗場から46番のバスに40分~1時間くらい乗ってアンボセリで下車


・空港前から出ているバスで終点(市内)まで行って、ヒルトン横から46番のバス



でも行けるらしい。



ちなみにアフリカで何かと必要になるアメリカドルのキャッシングは、この市内のヒルトン向かいにあるKCBbankの1番右と右から3番目のATMでできます。







宿はこんな感じ↓

DSC_0081_20130715073840.jpg



リビングはめっちゃ居心地いいし

DSC_0083.jpg



ドミも綺麗。

DSC_0080.jpg

ドミ1000Ksh

庭でテントを張る場合は550Ksh

トイレ・バス共同、WiFiあり






ここね、ホントに居心地がいい。




歩いて行ける所に大型デパートもあるし。


(アフリカを下る人は、だいたいこのデパートでテントを購入しています。)








そしてこんな大事な物も購入!

DSC_0775.jpg

Coartemってゆー治療薬(840Ksh)と、マラリアの検査キット(500Ksh)






アフリカではマラリア・髄膜炎・コレラ・マールブルク…などの病気にかかる危険があります。



髄膜炎の予防接種はタイで済ませました。



そして旅人が一番恐れているのがマラリア。



マラリアはハマダラ蚊という種類の蚊に刺されることで感染する病気。


正確には、マラリア原虫を持つハマダラ蚊に刺されると感染する。


この蚊の特徴は脚がピュンって上向いてて、飛ぶのが速いんだって。…わかりにくいよね。笑


けど、見たらなんとなくわかるかも。



だからエジプトのカイロで、ハマちゃん(ハマダラ蚊の事)撲滅作戦の練習をしてました。


…撲滅作戦と言ってもとにかく蚊を見つけて潰すってゆーね。。。








マラリアにも三日熱マラリア四日熱マラリア亜熱帯マラリア卵形マラリアの4種類があって、発症すると高熱・頭痛・吐き気などの症状が出る。

悪性の場合は、意識障害や腎不全などを起こして死亡する場合もある。



こんな怖い病気なのに予防ワクチンはなく、とにかく刺されないようにすることが最重要!!!


なんだけど、マラリアには予防薬がある。


主なものとして


メフロキン
 日本で唯一認可を受けているマラリア予防薬。
 汚染地域に入る1週間前から汚染地域を出て4週間、週に1回服用。
 倦怠感・頭痛・吐き気・うつ状態・幻覚・悪夢などの副作用が比較的多くみられる。


マラロン
 副作用がメフロキンに比べて少なく、不整脈や精神神経疾患がある人でも使える為、世界で広く使われている。
 汚染地域に入る2日前から汚染地域を出て1週間、1日1回服用。
 1日1回服用する為、コストがかかる。
 


私も日本のトラベルクリニックで購入して持ってたけど、どーも副作用が怖くてね。



で、結局予防薬は飲まないことにしました。





その代わりに治療薬と検査キットを入手。


疑わしい症状が出たらすぐに病院へ行くのが一番だけど、もしすぐに病院へ行けない環境だったらこれを使おうということになりました。




そしてとにかく蚊に刺されないようにすること!!!!!



夕方以降はなるべく肌を出さない。


虫よけスプレー(海外の蚊にはDEETという成分が30%以上のものがいい)をこまめに使う。


寝る前のハマちゃん撲滅作戦の実行も忘れずにね。笑









とゆーわけで未知の世界アフリカの旅、始まりです♪


最後まで読んでいただきありがとうございます♡

読んでくれたしるしにクリックしてもらえると嬉しいです!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


携帯の方はこちら→にほんブログ村












テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

ナイロビ発砲事件。

2012.11.23 03:51|ケニア
リアルタイムはウガンダジンシャという街にいます。


人が優しくてウガンダ好きになりそうです♡



ただ、やっぱりネット環境はあんまり良くない。




ブログの更新が滞るかもしれませんが、できるかぎり更新します!






さて、ここで続きのモロッコ編といきたいところなんだけど、、、、、



Facebookの方にもアップしたけど、今旅をしている人たちやこれから旅をする人たちみんなに今一度気を引き締めてもらえたらと思い、記事としてあげることにしました。







つい先日…


ケニアのナイロビにある宿に泊まってた時の事です。




ナイロビはあんまり治安が良くないと聞いていたので最初のうちは凄く警戒していました。



不必要な外出はせず、外出する時はカメラも持たず…



が、昼間宿から歩いてデパートへ行ったりナイロビ市内へ行ったりしてるうちに警戒しつつも



---昼間だったらある程度気を付けてれば大丈夫だろう。---




心のどこかでそんな感じに思ってきていました。



実際、みんな笑いかけてくれたり、気さくに話しかけてくれたり、welcome to Kenya!って言ってくれる人もいっぱいいたりして。








そしてナイロビ最終日の夜。



ここの宿は庭でテントも張れるのですが、この時間、大半の人たちは1階の共同スペースにいました。


その時私は、2階の部屋でパソコンをいじってました。





と、、、


近くで〝パンッ!パンッ!パンッ!…〟

という音と、

〝キャーキャー!〟

と叫ぶ声が聞こえました。





私は最初、これは子供たちがエアーガンみたいなので遊んでてキャーキャー走り回ってるのかなと思いました。





が、1階から友達が駆け上がって来て


『ここに泊まってる人が撃たれた!』


と…。



この時、


《あ、さっきのはエアーガンじゃなくて本物だったのか》


と状況を理解するのに少し時間がかかった気がします。




そして理解すると同時に…一気に今まで感じたことのないような恐怖感が込み上げてきました。



テレビやインターネットでそーゆー事件のことを見たり、話を聞いたりはしていましたが、きっとどこか他人事のように思ってたんだと思います。


まさか自分の身近な所でこんな事件が起こるとは…








そして私もみんなのいる1階の共同スペースに向かうと、、、





外から同じ宿に泊まってた女の人が泣き叫びながら走って来て



『友達が門の前で撃たれた!医者はいない!?』



と。




医療従事者はおらず、

旅人の私たちは救急車を呼べる術も持っていませんでした。



女性の話によると、撃った人たちはどこかへ行ってしまったとの事だったので、男性数名が状況確認へ行きました。




そして戻ってきた男性に話を聞くと、


車で通りかかった地元の人が撃たれた人を病院まで運び、

この間に宿の門番が警察などには連絡してくれたようでした。











私はこの後、恐怖感からしばらく動くことができず、夜もあまり寝ることができませんでした。






翌日、事件の様子を聞きました。


被害者の人たちは夜、レストランから歩いて宿へ戻ってきたそうです。

そして門番に宿の門を開けてもらっている間に後ろから走ってきた人たち(2人?)に5発撃たれたとのことです。

現金等盗られたものは何もないそうなので理由はわかりません。



撃たれてしまった方は、一命は取り留めたそうですが、失明してしまったようです。










この事件を受けて、旅にも慣れてきてちょっと気が抜けてしまっている自分に反省しました。


やっぱり無事に帰国することが第一。


大げさなくらいの警戒心が必要なんだなと改めて思いました。



そして危険とは言われていても、「意外と大丈夫だったよー!」とか話を聞いたり、自分がその場に慣れてきちゃうと警戒心が無くなってきてしまったりしますが、


それはあくまでたまたま事件に会わなかっただけ。


やっぱり治安が悪いと言われている場所はそれなりの理由があるから。



私自身、一気に気持ちが引き締まりました。


やっぱり、安全に楽しく旅して無事に帰国したいし、まわりに心配をかけるようなことはしたくありません。




この先、まだまだアフリカ南下、中南米、アメリカも待っています。




楽しむ為にも安全第一で旅を続けようと思います。












私の文章力でどこまで伝えられるかわかりませんが…


今旅をしているみんなやこれから旅をしようと思ってる人たちが少しでも警戒心を高め、


安全に旅し、笑って帰国してもらえたら嬉しいです。


ほんとに。





KURO











いつも旅ノートを読んでいただきありがとうございます♡



にほんブログ村世界一周ランキングに参加中です♪


下のバナーをクリックしてもらうとポイントが入る仕組みになってます。


1日1回の応援クリックお願いしまーす!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。