カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

トリップアドバイザー
エルサレム観光ホテル口コミ情報
リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャングリラでダンス♪

2012.06.03 17:00|中国

cafeでのんびりした次の日は、ちゃんと見てきましたよ!シャングリラの町を。



s-DSC_0948c.jpg 


私、このタルチョ(チベタンの旗)と青い空が見たかったんです!



s-DSC_0957d.jpg 


町中にはこのタルチョがいっぱい♪


タルチョとは

チベットの五色の祈祷旗で、寺院や峠に見られる。
五色の順番は青・白・赤・緑・黄の順に決まっており、それぞれが天・風・火・水・地すなわち五大を表現する。
タルチョ、タルチョク、マニ旗、ルンタ(རླུང་རཏ་ rlung rta)すなわち風馬旗とも言う。
風の馬が描かれている場合にルンタと特に呼ばれ、仏法が風に乗って拡がるよう願いが込められている。
他に願い事や六字大明呪、四神(虎、麒麟、鳳凰、龍)などが描かれている場合もある。経文が書かれている場合は風に靡くたびに読経したことになる。
byウィキさま


らしいです。



s-DSC_0971c.jpg 


これ、ルンタですかね★





この階段、上がるの大変なんです!


s-DSC_0961c.jpg 


数段上がるだけで息が切れる切れる。

なんてったってここは3200mの場所ですから。




でもここの人たちはスイスーイ

s-DSC_0964c.jpg 



足取りが軽い!




苦労して上った先には

s-DSC_0988.jpg


金色の巨大なマニ車があります。



マニ車とは

主にチベット仏教で用いられる宗教用具である。チベット語ではマニコロ(མ་ཎི་འཁོར་ལོ་ ma Ni 'khor lo)と呼ぶ。転経器(てんきょうき)とも呼ばれるものである。
マニ車は円筒形で、側面にはマントラが刻まれており、内部にはロール状の経文が納められている。大きさは様々で、手に持てる大きさのものがあれば、寺院などでは数十センチ、大きいものでは数メートルにも及ぶマニ車が設置されている。
チベット仏教の場合はマニ車を右回り(時計回り)に回転させると、回転させた数だけ経を唱えるのと同じ功徳があるとされている。

by2回目の登場ウィキさま



らしいです!!



巨大マニ車は重いのでみんなで回します

s-DSC_0979.jpg 


日本ではいちにのさんっ!って息を合わせるけど、ここでもイーアルサーッ!って。


国は違っても一緒なんですね!





マニ車を回して息が切れたので、階段を下りてみると…

s-DSC_0996.jpg 


なんか民族衣装を着た人たちが輪になって踊ってます♪


しかも結構軽快な音楽!

s-DSC_1002.jpg 

s-DSC_1017.jpg 



こんなちっちゃな子まで♪

s-DSC_1026c.jpg 





チベタンのダンスなんかなー。



こっちの広場でも


s-DSC_1059c.jpg 



みんな楽しそうに踊ってたー!!






なんかシャングリラのおかげでちょっと中国のいいとこも見つけられたような気がします☆

ちょっとね!!








いつも旅ノートを読んでいただきありがとうございます♡



にほんブログ村世界一周ランキングに参加中です♪

応援クリックお願いしまーす↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 

スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

コメント

No title

こんにちは!

シャングリラが懐かし過ぎてコメントさせてもらいました☆
僕が行ったときも皆さん踊ってましたよ〜

シャングリラに関わらず中国自体がダンシングな
イメージですよね!

あらしょうさん

こんにちはー♪

あらしょうさんもシャングリラ行かれたんですね‼めっちゃいい所ですよね!
本当中国はみんなが踊ってる気がします!
ポップな曲で踊るおばあちゃんたちがかわいすぎですよねー☆
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。