カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

トリップアドバイザー
エルサレム観光ホテル口コミ情報
リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレスチナ自治区…壁に囲まれた街①

2013.07.09 06:30|イスラエル
かなり空いてしまったイスラエルについて。


もうかれこれ8か月前の事になってしまいました。



月日が経つのは早いですね。。。笑




さ、この日はエルサレムからパレスチナ自治区に向かいます。




パレスチナ自治区とは…

ヨルダン川西岸地区とエジプトに接するガザ地区からなるパレスチナ人の自治区のこと。
現在のイスラエルのある場所には元々、パレスチナ人(現在のパレスチナに住むアラブ人)が住んでいた。そこへナチスドイツに迫害されたユダヤ人がやってきた。そしてユダヤ人の国を作ろうと、パレスチナ人を追い出した。その一部の人々が西岸地区とガザ地区に残った。
イスラエル建国直前に行われた決議では、パレスチナをユダヤ人・アラブ人・国連の3つに分割する事が決定されるも、第一次中東戦争でヨルダンとエジプトが西岸地区とガザ地区を占領したため、ユダヤ人によるイスラエル国家しか建設されなかった。
その後、これらの地区はイスラエルによって占領されるが、エジプト大統領の後押しによってパレスチナ解放機構が設立される。この解放機構とイスラエルの直接交渉の末、パレスチナ暫定自治区が設立された。


 ウィキペディア参照




難しいね。



行き方は

ダマスカス門を背にして左手のバスターミナルから21番のバス(7.30シュケル≒150円)に乗って約50分。

バスで直接パレスチナ自治区の中に入れます。

1_20130312125439.jpg






バスを降りたところで、私たちはタクシーをチャーター(8人で2台)しました。


私たちが行きたかったのは、ヘブロンベツレヘムという街。


2カ所を約5時間、1人70シュケル≒1900円。






まずはヘブロンへ。

2_20130312125443.jpg

時間帯なのか、曜日なのか、この日は街自体、閑散としています。


モスクの手前には、こんなチェックポイントがあったり。

3_20130312125443.jpg



ピリピリした感じなのかと思いきや、普通に写真を撮ってくれるイスラエル兵士。

DSC_0676.jpg

手にはとても危ない物をお持ちですが。。。

…8か月前の私はまだ白いですね。ここからどんどん黒くなっていきます。いつになったら白く戻れるんだろう…





さ、このチェックポイントを抜けて向かった先は、アブラハム・モスク

DSC_0662_20130312125443.jpg


このアブラハム・モスクにはユダヤ教・イスラム教・キリスト教の祖であるアブラハムと妻サラ、その息子イサクと妻レベッカ、そして2人の子ヤコブと妻レアが埋葬されているそう。

ヤコブはユダヤ人の祖らしい。


複雑な場所。

パレスチナ内なのにユダヤ人の聖地でもあるんだって。






ちなみにここに入る時、女性はねずみ小僧になります♪

DSC_0663_20130312125442.jpg


後から知ったことだけど…


このモスク、今は一部がイスラエルに占領されていて、パレスチナ人は立入禁止なんだって。



知らなかった。

だって、ここに案内してくれたのは、パレスチナ人であるタクシーのおじちゃんだからね。


そりゃ行けないよね…




このイスラエルに占領されている部分への入り口とチェックポイントが別にあるんだって。









モスクを出てまた街中を歩きます。

DSC_0678_20130312125617.jpg

やっぱり閑散としてるんだけど、






所々、お土産屋さんも。

DSC_0677.jpg


こう見ると、エルサレムとそんなに変わらない気がするのにね。

DSC_0686.jpg

実際は寂しい街ってゆー印象。




通りを進んで行くと現れたのは…

DSC_0690.jpg

頭上の金網。


しかも金網の上にはゴミなどがたくさん…

DSC_0697.jpg



なぜか…

1994年以降、この土地にユダヤ人が入植してきた。

そして上の階に住み、下に住むパレスチナ人にゴミや排泄物の入った瓶などを投げつけて彼らを追い出そうとしてるんだって。

見ると、軽くゴミって言えるような物だけじゃなくって、粗大ゴミみたいに当たったりしたら危険な物まで落とされてる。

嫌がらせにしては完全に度を越えてる。。

なのにそんなユダヤ人たちは銃を持ったイスラエルの兵士たちに守られてる。







………

DSC_0701.jpg


THIS IS PALESTINE...



まさにこれがパレスチナなんです。。。




パレスチナ問題って耳にしたことはあったけど、実際どんな問題なのか良く知らなかった。

知らなかったと言うより、知ろうとしてなかった。

やっぱり他人事だったんだよね。

本当にこの光景は衝撃だった。

そして、この様な環境で生活をしているのに私たちに対してとってもフレンドリーで『welcome!!』って言ってくれるパレスチナ人。


簡単な問題じゃないからこそ何もできない自分が歯痒くも感じた。





この日あんまり時間がなくてサラっとしか見れなかったけど、また機会があったらもっと勉強してからゆっくり訪れたいと思った。





そして急いでもう1つの街、ベツレヘムへ。



ギリギリ開いてた聖誕教会に滑り込み。

DSC_0786.jpg


ここはイエスが生まれたとされる聖地。


だから係員の胸にはこんなアップリケ??が。

DSC_0815.jpg

手作り感満載ですね。





はい、そして教会の奥にある階段を下りて行くと

DSC_0791.jpg


洞窟。

DSC_0797.jpg



そこにありました。

イエスの聖誕場所。

DSC_0804.jpg



みんなここにキスをしたり、手を付いたりしてお祈り?していました。

DSC_0807.jpg



エルサレムでもそうだったし、各地で教会とか神聖な場所へ行く時にいつも思うこと…


私みたいにクリスチャン(信仰者)じゃない人が来てもいいのかなって。



決して面白半分で行ってるわけじゃないんだけど、信仰者の人からしたら神聖な場所とされてて、そこへお祈りに来てるのに関係ない人が居たら邪魔だよなーとかね。


だからいつもできるだけ邪魔しないようにとは思ってるんだけどね。。




みんなはどんな感じに思ってますか???








とゆーわけでこの日は見たかった”壁”があんまり見られず…

DSC_0830.jpg




また翌日出直すことにしました。




DSC_0842.jpg

↑帰りに見た中央分離帯に立ってた鉄塔?はキリスト教のものかな?




いつも旅ノートを読んでいただきありがとうございます♡



にほんブログ村世界一周ランキングに参加中です♪


下のバナーをクリックしてもらうとポイントが入る仕組みになってます。


読んでくれたしるしにクリックしてもらえると嬉しいです!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


携帯・スマホの方はこちら→にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:世界一周
ジャンル:旅行

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。